nara marathon

事務局日記 オフィシャルブログ

2020年11月24日 コース沿道魅力探訪 「コース沿道魅力探訪」番外編 ~鬼滅の刃 一刀石のシーンは、剣聖の里柳生の伝説がモデルか?~

「コース沿道魅力探訪」

今回は番外編として、~鬼滅の刃 一刀石のシーンは、剣聖の里柳生の伝説がモデルか?~をご紹介します。

 

9月27日に行なった奥山ランニングコースの南の滝坂の道は、渓谷沿いの石畳の旧柳生街道になります。

 ここは、トレイルランニングコースとしても有名で、近鉄奈良駅~JR関西本線の笠置駅まで、総距離25.7kmの起伏に富んだコースです。

 その途中、約20km地点が今話題の「鬼滅の刃」の炭治郎と錆兎の戦いのモデルになったと噂される一刀石がある、剣聖の里柳生です。

もし今年、大会が開催されていたなら、「鬼滅の刃」ランナーが、疾走していたでしょう。

 

  

 それでは、10月3日に行われたコスプレ撮影会の撮影ポイントを訪問しながら、柳生新陰流発祥地である、剣聖の里柳生を紹介していきます。

 

①一刀石

 柳生宗厳(石舟斎)が戸岩谷で修行中に、どこからともなく現れた天狗と対決することになりますが、勝負は一瞬、一刀のもとにその天狗を切り捨てました。

 が、その場所には真っ二つに切り裂かれた巨石があり、これを「一刀石」と呼ぶ伝説になっています。

 

 

 

 

 

②天乃石立神社

 この神社は本殿がなく、小さな拝殿を持つほかは「磐座」という巨石そのものが「ご神体」となっている神社で、かつては「能舞台」がありましたが、柳生八坂神社に移築された歴史を持っています。

 

 

 

 

 

➂芳徳寺

 1638年に柳生宗矩が亡父柳生宗厳(石舟斎)の供養のため建立した菩提寺です。

 寺の裏には、柳生一族が眠る墓地があり、資料室には柳生藩の資料が展示されています。

 

 

 

 

 

④もみじ橋

 芳徳寺の麓にあるのがもみじ橋です。

 この近くに柳生宗厳(石舟斎)の家があったと言われています。 

 

 

 

➄旧柳生藩家老屋敷

 柳生藩の財政の立て直しをした家老小山田主鈴の屋敷で、1841年に築かれました。

 邸内は、鴨居・屏風・間取りなど武家屋敷の様式をそのまま伝え、大河ドラマ「春の坂道」

のロケ風景も紹介されています。

 

 

 

 

 

 

➅柳生八坂神社

 この神社は、1654年に柳生宗矩の子である柳生宗冬が、大保地区の八坂神社のご祭神を歓請して社殿を造り「八坂神社」としたようです。

 それ以前は、春日大社の本殿第四殿の御祭神である比売神を祀る四之宮大明神と呼ばれる神社だったようです。

 

 

 

➆旧柳生藩陣屋跡

 1642年に柳生宗矩が3年かけて建てた柳生藩の陣跡です。

 1747年、火災により全焼し、仮建築のまま明治廃藩により姿を消し、現在は、史跡公園として整備されています。

 

 

 

 柳生宗厳が創設した柳生新陰流は、その子、宗矩に引き継がれ、徳川将軍家の兵法指南役として地位を確立し、柳生三厳(十兵衛)の時代には、道場を開き、1万3500人にも及ぶ門弟を育てたという話が残っています。

 今から、300年前、「柳生の剣」を求める武士が柳生街道を行き交わしたことだと思います。

 ひっそりとたたずむ緑豊かな山里の神秘、ぜひ一度、訪れてみてはいかがでしょうか。

 

 柳生街道をハイキングに必見→柳生街道散策ガイドブック

 剣聖の里柳生に到着されたら→柳生観光協会ホームページ

 

 

おまけ…事務局員もその気になってやってみました。

 

柳生観光協会さん、今回の取材協力ありがとうございました。

 

 

 

 

2020年11月10日 コース沿道魅力探訪 「コース沿道 魅力探訪」⑧ 「世界遺産【古都奈良の文化財】シリーズ」~元興寺とならまちの町並み~

コース沿道魅力探訪⑧

「世界遺産【古都奈良の文化財】シリーズ」

今回の探訪は、【元興寺とならまちの町並み】をご紹介します。

 

今回の探訪は、奈良マラソンが開催される奈良の旧市街地であるならまちと元興寺をご紹介します。

ならまちは世界遺産である元興寺の旧境内を中心とする地域を指しています。

元興寺の歴史は古く、日本最初の本格的伽藍である法興寺(飛鳥寺)が平城遷都(710年)にともなって、蘇我氏寺から官大寺に性格を変え、この地に新築移転されました。

ならまちは平城京への遷都以来まちづくりがはじまり、南都と呼ばれる社寺のまちから商業のまちへ、商業のまちから観光のまちへと様々な時代背景の中で盛衰を繰り返してきたまちでもあります。

現在、江戸時代の末期から明治時代にかけての町屋の面影を今に伝えるならまちには、訪れる人々がやすらぎや懐かしさを感じられる風情があります。

 

〇 元興寺「南都七大寺の一つ」境内

東門(重要文化財) 

 

         

世界遺産登録の石碑

 

 

極楽坊本堂 (国宝)

 

 

日本最古の瓦が現存して葺かれている屋根。

所々に白っぽい瓦や赤茶色の瓦があります。

これは飛鳥時代の古瓦です。

 

 

浮図田(石仏・石塔群)と元興寺禅室(国宝)

 

「極楽坊本堂」・「禅室」の建物は、鎌倉時代に「僧坊」を改築する形で建設され、部材や屋根瓦の一部に飛鳥時代・奈良時代のものが使用されており壮大な歴史を今に伝えています。

 

 

  

かえる石

 

元興寺のかえる石は大阪城の敷地に長らく置かれておりましたが、昭和中期以降に元興寺の境内に置かれ、現在は「福かえる」「無事かえる」など幸運をもたらす石としてお祀りされています。

ランナーの皆さんも、ゴールの鴻ノ池に無事帰ってこられるよう祈願されてはいかがでしょうか。

 

 

 

〇ならまちの町並み

 

江戸時代の町屋を再現したならまち格子の家

 

わらべうたの館 奈良市音声館

 

ならまちの中を縦横に通る狭い道沿いには、古い民家や町屋が並び、木の「格子」が特徴的な落ち着いた雰囲気の町並みです。

 

 

奈良町資料館

 

ならまちを散策していると、珍しくかわいいものを目にします。

町屋などの軒先にぶら下がっている、「くるん」と丸まった赤いもの。

これが「身代わり申(猿)」 災いを代わりに受けてくれると言い伝えられています。

 

 

 

 

庚申堂

 

ならまち界隈では、庚申堂を中心に古くから庚申信仰があり、申(猿)が神のお使いとされ、この身代わり申を軒先にぶら下げるのは、「災いが家に入り込まないように」という願いが込められています。

 

江戸時代以降の町屋が数多く建ち並ぶならまちには、造り酒屋、蚊帳や薬屋などの老舗に加え、近年では町屋を利用した洒落たカフェやおしゃれな雑貨店なども並ぶようになり、新しい観光スポットになっています。

奈良マラソンと一緒に、ならまちの新旧の魅力も楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

2020年11月04日 コース沿道魅力探訪 「コース沿道 魅力探訪」⑦ ~天理市 親里大路いちょう並木~

コース沿道魅力探訪⑥

今回の探訪は、【天理市 親里大路いちょう並木天理】をご紹介します。

 

 いちょう並木は、大阪の御堂筋が有名ですが、天理市おやさと大路のいちょう並木も、それに負けず劣らず(それ以上かも)見事なものです。

スタートから約24キロ、布留町交差点を右折して国道25号線を西へ、天理市役所までの約1キロは、樹齢80年を超える、いちょう並木が続いています。植樹されたのは、御堂筋とほぼ同じ時期の1934(昭和9)年だそうです。

 

この並木は、本来のいちょうの姿(樹幹や樹形というそうです)を活かした剪定をするなど、関係者の努力によって今のような景観になりました。

 

 ↑ 歩道橋下の歩道から西へ ↓

 

北側には、天理教教会本部が見えます

 

春は鮮やかな若葉色、夏には道の両側から伸びた枝葉が道路の上で重なって「緑のトンネル」となります。歩道を歩けば、ひんやりとした心地よい風が、火照った体をやさしく通り抜け、いつまでもたたずんでいたいような気持にさせてくれます。

 

 

 

そして秋には上も下も黄色一色となり、タイミングが合えば、ふかふかの黄色のじゅうたんの上を歩くことができます。紅葉の時期は、11月中旬から下旬がピークですが、昨年の大会(12月8日)は、例年になく黄色の葉が残る中を走る大会となりました。

 

 

↑ 奈良マラソン2019の様子 ↓

 

camera 撮影ポイントは、天理教本部前の歩道橋からが 2_goodjob ベストポイントだと思います。

 

このほか、ここから東に10分あまり歩くと、うっそうとした森のなかに、日本最古の神社の一つと言われる「石上(いそのかみ)神宮」があります。ここには、高さ31メートル、幹周り3メートルを超える大いちょうもあります。

また境内には「山の辺の道」も通っており、ここから桜井市方面はハイカーの人気コースとなっています。

 

天理のフォトジェニックポイントをめぐりながら、楽しい秋の一日にしませんか 2_musical2 2_musical1 2_musical3 ?

2020年10月06日 コース沿道魅力探訪 「コース沿道 魅力探訪」⑥ ~奈良県コンベンションセンター~

コース沿道魅力探訪⑥

今回の探訪は、【奈良県コンベンションセンター】をご紹介します。

 

世界遺産に囲まれる「古都・奈良」の中心地に、今春新しいランドマークが完成しました。

県内最大の会議場・観光交流拠点「奈良県コンベンションセンター」です。

エントランス

 

外観

 

 

 

バスターミナル 関空直結100分で到着

 

 

JWマリオット・ホテル奈良


NHK新奈良放送会館

 

 

マラソンコース3.5km地点付近、奈良市役所と大宮通りを挟んだ南側に位置しています。

NHK新奈良放送会館、JWマリオット・ホテル奈良と隣接しており、奈良らしい景観と高い機能性が両立した魅力的な施設となっています。

それでは、施設内をご案内しましょう。

 

 

 

 

コンベンションホール内

 

1F会議室 スクリーンなしでもプロジェクター使用が可能

 

2F会議室

 

コンベンション施設1Fに、収容人数2,000人のコンベンションホールがあります。

大規模な国際・国内会議、展示会、見本市等、様々な*「MICE」を開くことができます。

可動式間仕切りで3分割できるので、多様な利用に対応できるそうです。

特に奈良では、大きな催しが開ける施設が少ないので期待できますね。

会議室も用途によって、レイアウトの変更が可能でとても便利です。

*「MICE」・・・企業等の会議(Meeting)、企業等の行う報奨・研修旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会等が行う国際会議 (Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字を使った造語で、これらのビジネスイベントの総称。

 

 

天平広場

 

コンベンション施設を出ますと、全体が屋根で覆われた約1,100㎡の広さを持つ天平広場があります。

非常に開放的ながら、屋根があるので雨天でもイベントの開催ができます。

物販、飲食イベントはもとより、ライブ、ステージ、パブリックビューイングにも最適です。

 

  

 

 

   

 

天平ホール内

 

奈良 蔦屋書店   1F入口

 

 

奈良蔦屋書店 1F店内

 

 

コンベンション施設と天平広場を挟んだ向かい側、観光振興施設2Fに収容人数約500人の天平ホールがあります。シネマ対応スクリーンが備えられ映画上映の他、演劇や演奏会等も楽しめそうです

また、観光振興施設には「奈良 蔦屋書店」等が出店しており、県内特産物等を利用することで「奈良らしさ」を発信しています。

 

 

  

 

 

  

 

  

外観・内装・受付ロビーの校倉造り

 

1Fエントランス上部デザイン    

 

肌ざわりの良いベンチがある1Fエントランスロビー

 

 

1Fエントランス 柱を覆うガラスに描かれる正倉院宝物の水差し「漆胡瓶」の幻想的な図柄

 

和紙が埋め込まれたガラス壁面

 

1Fエントランス 四天王・広目天像がお出迎え

 

年輪が美しい壁面素材断面

 

天平広場階段 正倉院宝物の物差し「紅牙撥鏤尺(こうげばちるのしゃく)」「緑牙撥鏤尺(りょくげばちるのしゃく)」の可憐な図柄

 

 

2Fロビー/ホワイエ ベンチ

 

 

2F木目を残した引き戸断面

 

トイレの個室は入室すると色が隠れ使用中であるか一目でわかるギミック

 

この奈良県コンベンションセンターにおける「奈良らしさ」を体現するものは、その外観と内装にあります。

全体を「校倉(あぜくら)造り」という、古代から近世にかけて倉庫などに用いられた建築様式をモチーフとしています。東大寺正倉院、唐招提寺経蔵などが、その代表的な建築物と言われています。その他、施設の細部にまで「奈良らしさ」のこだわりが、ちりばめられています。

内装・設備には奈良県在住のアーティストたちが吉野杉等、県内の優れた素材を使い、見事な作品を作り上げました。

2F案内表示 奈良晒

 

エントランス壁面 吉野ヒノキ光壁素材 吉野手漉き和紙光壁素材

 

2F ラウンジ天井アート 吉野杉の面皮

 

2F特注4Mベンチ 吉野杉

 

2Fロビー壁面 吉野杉皮和紙

 

1Fロビーベンチ 吉野杉

 

受付ロビー壁面装飾 奈良の神饌(しんせん)正倉院の宝物柄-談山神社嘉吉祭 諸鍬神社 荒稲 ウグイ 山口神社など-

 

大宮通りから見た奈良県コンベンションセンター。

大会中、参加されるランナーの皆さんからは、こんな風に見えるはずです。

 

 

 「奈良から世界へ発信。」

新しい奈良の「MICE」拠点を次回の奈良マラソンでぜひ、ご自身の眼で確かめてください。

 

「次回の奈良マラソンまで待てない。」と言われる方に朗報です。

この「古都・奈良」の魅力をふんだんにあしらった奈良県コンベンションセンターにおいて、来る10月31日(土)~11月1日(日)の二日間、「まちびらきイベント」の開催が予定されています。

奈良マラソンもこのイベントに参加します。

10月31日(土)、奈良マラソン~2020年のRUN~特別企画として、奈良マラソンスペシャルゲストの有森裕子さん、スキージャンプのトップ指導者、齋藤浩哉さん、お二人のオリンピックメダリストをお迎えし、「トップアスリート講演会」を開催する予定です。

コロナ禍で先行きの見えないスポーツ界について、お二人の熱い想いを語っていただきます。

 

  

     有森裕子さん                 齋藤浩哉さん

 

2_star2_5有森裕子さんプロフィール 

1966年 岡山県生まれ、日本体育大学を卒業して(株)リクルート入社、1992年バルセロナ、1996年アトランタの五輪メダリスト。2007年に競技を引退し、現在は、ハート・オブ・ゴールド代表理事、スペシャルオリンピックス日本理事長など、あらゆるフィールドで活躍。

 

2_star2_10齋藤浩哉さんプロフィール

(雪印メグミルク株式会社 北海道本部) 

1970年9月1日生まれ 北海道余市町出身

1989年4月雪印乳業株式会社入社

1998年長野冬季五輪ジャンプラージヒル団体 金メダル獲得

 

  

どうぞ、お楽しみに。

奈良県コンベンションセンター(まちびらきイベント)、トップアスリート講演会について詳しくは、下記リンクからご覧ください。

奈良県コンベンションセンター(まちびらきイベント)

 

トップアスリート講演会

2020年09月18日 コース沿道魅力探訪 「コース沿道 魅力探訪」⑤ 「世界遺産【古都奈良の文化財】シリーズ」~興福寺~

コース沿道魅力探訪⑤

「世界遺産【古都奈良の文化財】シリーズ」

今回の探訪は、【興福寺】をご紹介します。

 

マラソン種目の9km地点付近(10km種目は2kmあたり)、ちょうど左手にある奈良地方裁判所を過ぎたあたりから右手に見えてくる、杜の中にそびえ立つ木造の塔をご覧になられたでしょうか?

そう、それがかの有名な古都奈良のシンボル「興福寺・五重塔」です。

 

 

 

奈良マラソン2019完走タオル

 

奈良マラソングッズのデザインにもよく使用されており、昨年の奈良マラソン2019(第10回記念大会)完走タオルのモチーフとなっています。

 

 

世界遺産登録の石碑

 

 

興福寺は、平成10年(1998年)12月2日、ユネスコ世界遺産【古都奈良の文化財】の1つとして登録されました。

法相宗の大本山である興福寺。興福寺と名付けられる前になんと、2回も名前が変わっているそうです。

天智8年(669年)、藤原鎌足が重病を患った際、夫人である鏡女王が夫の回復を祈願して、釈迦三尊などの諸仏を安置するために造営したお寺が「山階寺(やましなでら)」(京都市山科区)。壬申の乱(672年)後、都が飛鳥に戻った際に、山階寺も移され、その地名から名付けられたのが、「厩坂寺(うまさかでら)」。そして、和銅3年(710年)、平城遷都の際、藤原不比等の計画によって、現在の地に移され、「興福寺」と名付けられたそうです。

 

 

  

    中金堂              東金堂

 

中金堂は、興福寺伽藍(寺内にあるお堂や塔、門などの建造物の集まり)の中心になる最も重要な建物で、創建者は藤原不比等と言われています。

焼失・再建を繰り返し、享保2年(1717年)の焼失から約100年後、文政2年(1819年)「仮堂」が建てられました。ただ老朽化が激しく、この「仮堂」は平成12年(2000年)に解体され、発掘調査を経て、平成30年(2018年)再建落慶を迎え復元されました。

(中金堂は現在、拝観停止中ですが、下記日程から再開されます。)

【特別公開2020 中金堂吉祥天倚像御開帳】

期間:10月24日~11月23日

中金堂の拝観再開に合わせて通常非公開の吉祥天像倚像を特別公開。拝観は期間以降も継続。

中金堂の東側にある東金堂は、神亀3年(726年)聖武天皇が叔母の元正太上天皇の病気回復を祈願し建立されました。現在の建物は室町時代の応永22年(1415年)に再建されたものです。堂内には、本尊薬師如来坐像を中心に日光・月光菩薩等が安置されています。

現在、新型コロナウイルス禍において、その早期終息と罹患者の病気平癒、更には感染者急逝者の頓証菩提のため、毎日お昼12時半より東金堂の薬師如来のご宝前にてご祈祷を勤修されています。

 

 

                 国宝館            

      

 

               阿修羅像                 ©飛鳥園

 

 

  奈良マラソン2013参加賞Tシャツデザイン

 

僧侶が集団で食事をする食堂が建てられていた場所に、国宝館が建てられました。

奈良マラソン2013(第4回大会)参加賞Tシャツのデザインであった「阿修羅像」等、興福寺の歴史を伝える仏像彫刻や絵画、工芸品、典籍・古文書、歴史資料・考古遺物などが収蔵されています。

 

 冒頭にもご紹介した五重塔は、天平2年(730年)藤原不比等の娘光明皇后の発願で建てられました。現在の塔は、応永33年(1426年)頃に再建されました。日本で2番目に高い木造塔です。(高さ50.1m)

オススメビュースポットは、猿沢池のほとりから五十二段(石段)越しに見る五重塔です。夜、ここから見るライトアップされた五重塔は、荘厳の一言に尽きます。

その他、興福寺には様々な建造物、仏像彫刻、工芸品等多くの魅力があります。詳しくはこちらをご覧ください。

 

 

  

 

 

昨年のパブリックビューイングの様子

 

 興福寺北側の大宮通りを挟んだ県庁東側には、昨年春、オープンした奈良公園バスターミナルがあります。大会に参加されたランナーの皆さんも見覚えがあると思います。

バスの乗降場としてだけでなくレクチャーホール、展示ガイド、屋上庭園、カフェなどのショップがあり、観光客の皆さんを中心に利用されています。

レクチャーホールでは、大会のパブリックビューイングを行いました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

 

興福寺、奈良公園バスターミナル、奈良にお越しの際はぜひ、立ち寄ってください。

 

Copyright © 2010-2020 NARA MARATHON All rights reserved.