nara marathon

よむシカない!

徹底分析!奈良マラソン!~2016ランナーアンケート調査より~ vol.3

前回は奈良マラソンの魅力についてご覧いただきましたが、第3回はお金にまつわるデータをお伝えします。

 

<第3回 経済効果>

 

1. 奈良マラソンのために購入したスポーツ用品費

4分の1の参加者が大会のために10,000円以上の支出をし、約11%が20,000円以上使われていたようです。平均は6,300円でした。支出金額内訳、平均ともに昨年とほぼ変わりはありませんでした。シューズもウェアも機能的かつおしゃれなものがたくさんありますよね。ちなみに事務局のランナー職員に聞くと、「シューズは2足、ウェアは4着程度、2~3年に1回新しいものを購入」(男性、ランニング歴10年)、「シューズは2足、ウェアは3着程度、2~3年に1回新しいものを購入」(女性、ランニング歴9年)とのことです。やはり、足も体になじんだものが一番ですよね。

 

2. EXPOでの支出

2日間で延べ約90,000人が来場されるEXPOでの支出額です。平均は約3,500円でした。10,000円以上使った方が約11.6%。昨年は81ブースの出展があり、飲食や物販などで大変盛り上がりました。EXPOのにぎわいも、奈良マラソンの特徴の一つです。ランナーご本人だけでなく、お連れの方や応援の方もぜひ楽しんでいただけるよう今年も準備していきます。EXPOで販売される奈良マラソングッズも新商品が登場するかも!?

 

3. 経済波及効果

前述のEXPOでの購入やおみやげ、交通費など、様々な支出を基に算出したものが経済波及効果です。その結果は全国での金額が約25億円、奈良県内だけでも約12億円の経済波及効果があったことが分かりました。

前のページへ戻る

Copyright © 2010-2017 NARA MARATHON All rights reserved.